赤ちゃんの水、浄水器の水は安全!?

赤ちゃんの水、浄水器の水は安全!?

まだまだ身体の働きが未熟な赤ちゃん。

 

ミルクや離乳食、水分補給などに使う水も安全なものを与えたいと考えるママはとても多いですね。

 

一口に水といっても様々な種類がありますが、その中の一つとして「浄水器の水」が挙げられます。

 

浄水器というと、安全性が高いというイメージがありますが、赤ちゃんに与えても問題ないのでしょうか?

 

浄水器の水を赤ちゃんに与えても大丈夫?

結論から言うと、浄水器の水を赤ちゃんに与えても特に問題はありません。

 

寧ろ、水道水を与えるよりも安全と考えて良いでしょう。

 

とはいえ、日本の水道水が危険という訳ではありません。そもそも日本の水道水の水質は世界的に見ても優れていると言われており、飲用としても問題ありません。

 

しかしこれは、内臓機能がしっかりした子供〜大人の話。赤ちゃんにとっては負担となってしまう可能性があるため、水道水を与える場合は工夫が必要なのです。

水道水が赤ちゃんに負担となる理由

水道水は、水質を保つために塩素による消毒が行われています。

 

この消毒は、内臓機能がしっかりとした子供や大人にとっては特に問題はありません。

 

しかし、内臓機能が未熟な赤ちゃんにとってはやや負担となってしまうのです。

 

そのため、赤ちゃんに水道水を与える場合、煮沸して塩素を除去する必要があります。

浄水器とは赤ちゃんにとってどんなメリットがある?

浄水器とは、その名の通り水を浄水してくれるものをいいます。

 

代表的なものとして・・・

 

ポット型浄水器

蛇口直結型浄水器

アンダーシンク型浄水器

 

の3種類がありますが、構造の違いはあるものの効果の差はそこまでありません。ただ、使い方に違いがあるため、どの浄水器が良いかはご家庭によって区々だといえるでしょう。

 

赤ちゃんへのメリットとしては、やはり水道水に含まれる塩素を除去することができるため、赤ちゃんにとってより安全性が高い水だといえます。

浄水器の種類とそれぞれのメリット・デメリット

では、上記に挙げた3種類の浄水器のメリットとデメリットを見ていきましょう。

浄水器の種類

メリット

デメリット

ポット型浄水器

・手軽に使える
・価格が手頃
・冷蔵庫に入れることができる

・ろ過に時間がかかる
・容量が少ない
・カートリッジ交換が定期的にある

蛇口直結型浄水器

・蛇口からそのまま浄水を使える
・一度に大量に使うことができる

・ポット型に比べると本体価格がやや高め
・お湯を通すと浄水性能が低下する可能性がある
・カートリッジ交換が定期的にある

アンダーシンク型浄水器

・使いたい時にすぐに浄水を使える
・一度に大量に使うことができる
・カートリッジ交換は必要なものの1〜2年に1回程度で済む

・本体価格が高い
・取り付け工事が必要で工事費用も別途かかる


また、近年は住宅を新築する際、標準装備として「水栓内蔵型浄水器」となっているケースも少なくありませんが、この場合のメリット、デメリットは蛇口直結型浄水器と同様と考えて良いでしょう。

浄水器の水は煮沸しなくても大丈夫なの?

水道水に含まれる塩素を除去し、より安全性の高い水にしてくれる浄水器ですが、浄水器の水を赤ちゃんにあげる際、煮沸しなくても良いのでしょうか?

 

これは一概には言えませんが、いくら浄水器を利用しているからといってメンテナンスが不十分であったりフィルターが汚れていると雑菌の繁殖といった問題が出てくるため、煮沸してから使う方がより安全だといえるでしょう。

 

煮沸が必要であれば浄水器の意味がないのではないか?と考える方もいるでしょう。確かに、水道水同様、煮沸しなくてはいけないのであれば浄水器を使う必要もないかもしれませんね。

 

しかし、離乳食が始まって以降、食材の洗浄などの水も気を付けたいと考えるならやはり浄水器の方が安心だといえます。

 

但し、定期的なメンテナンスを十分に行うことが条件となるので注意して下さいね。

他にもある!水道水をそのまま与えるよりも浄水器を利用した方が安全な理由

ここまで水道水の水は、水質を保つために使われる塩素が赤ちゃんに負担となるため浄水器の利用が良いと紹介してきましたが、水道水は塩素以外にも赤ちゃんに負担となる成分が含まれる場合があります。

 

古い水道管や部品に鉛が使われている場合に微量含まれる可能性がある

近所で水道工事などが行われた場合に含まれる可能性がある

サビ

古い水道管を使用している場合、含まれる可能性がある

塩素の臭い

塩素そのものはもちろん、塩素の臭いを強く感じることがある

これらの成分や臭いに関してもできれば赤ちゃんに与えるには避けたいものとなります。

 

浄水器は、塩素以外にもこれらの成分や臭いの除去にも有効ですので、赤ちゃんのミルクや離乳食に使う水の一つとして浄水器の利用は良いといえるでしょう。

 

赤ちゃんに与える水、浄水器以外の方法は!?

浄水器以外の方法で赤ちゃんに安全な水を与えるにはどのような方法があるのでしょうか?

 

ウォーターサーバー

赤ちゃんにとって安全なRO水や天然水(選ぶことができます)を簡単に出すことができます。煮沸の必要がない上、水だけでなくお湯を出すこともできるのでより手軽だといえるでしょう。チャイルドロックがついているものを選ぶことで、赤ちゃんのやけどや怪我を予防することもできます。

 

心配症な節約ママが選んだウォーターサーバーの口コミ・評判徹底調査

 

赤ちゃん用の水

赤ちゃん用品店やドラッグストアなどで販売されている、ミネラル分などを取り除いた純水です。ピュアウォーターとも呼ばれ、煮沸の必要がありません。熱湯と一緒に持ち歩くことで、外出先の調乳の際、手軽に適温まで温度を下げることができるのも良いところですね。

浄水器は導入だけでは意味がない!?メンテナンスが重要

浄水器は導入だけでは意味がない!?メンテナンスが重要

水道水をより安全にするものとして有効な浄水器ですが、浄水器は、導入するだけでは安全性を継続させることは難しいといえます。

 

浄水器の種類によって方法は異なりますが、浄水器の水の安全性を継続させるためには定期的なメンテナンスは必須です。

 

定期的なフィルターの交換はもちろん、正しいお手入れをしっかりと行うことで浄水器の水の安全性を保つことができます。

 

そのため、メンテナンスが面倒の感じる場合は、浄水器以外の方法を選ぶ方が良いでしょう。

 

とはいえ、メンテナンスといっても、特に難しいことはありませんし、取扱説明書を見れば誰でも簡単に行うことのできる工程ばかりですので

 

メンテナンスに不安を持たれている方は購入前にメンテナンスについても調べておくと安心ですね。大事なのは、赤ちゃんにとって安全な水を与えること。

 

その方法は、ご家庭にとってどの方法が合っているかは異なりますので色々比較した上で一番手軽で継続しやすい方法を選ぶことが重要だといえるでしょう。