赤ちゃんにミルクをあげる時はどんな水が良い?天然水、RO水(純水)、ミネラルウォーター?

赤ちゃんにミルクを作るときにどんな水が安心・安全に飲ませられるか気になりますが、「RO水(純水)」や「天然水」が赤ちゃんには向いています。

 

純水のミルク

ミルク作りに向いている水は、

  • 軟水であること(ミネラルの少ない水)
  • 弱アルカリ性

不純物が少ないことが挙げられます。

 

この3点をクリアしているのは、RO水(純水)や天然水です。

 

赤ちゃんは消化器官が未発達なため、お腹を壊しやすいです。大人では問題のないものでも赤ちゃんにとっては、下痢の原因になる可能性はあります。そのため、不純物やミネラルの少ない水が向いていると言えるでしょう。

 

ミネラルウォーターはミネラルを含んだお水のことです。マグネシウムやナトリウムが入っているものが多いので、成分表示を確認しながら赤ちゃんには慎重に与えてください。

 

RO水(純水)や天然水の違いは

RO水は一般的に純水、ピュアウォーターという言い方をされます。RO水(純水)と天然水も細かな方法は違うにしても「採取した水から不純物を取り除いた水」です。2つの水で大きな違いは「採水地が特定されているかいないか」です。

 

RO水(純水) 採水地が特定されていない。水道水でも可。
天然水 採水地が厳選されています。そのため品質管理が厳しく、値段が高いことが多い。

 

味については多少の違いはありますが、どちらも美味しい水です。まして、赤ちゃんにとってはミネラルが除去されているので体に優しい水と言えるでしょう。

 

軟水?硬水?弱アルカリ性?

ミネラルウォーター

市販で売られているミネラルウォーターはいくつかに分類されます。

 

まず、軟水硬水ですが、赤ちゃんには軟水の水が適しています。硬水はカルシウムとマグネシウムを多く含んだ水です。

 

※WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」と示されています。

 

次に、酸性中性アルカリ性
pH(ペーハー)で表される水の水素イオン濃度の数値です。赤ちゃんには弱アルカリ性が適しています。羊水も弱アルカリ性でできているため、赤ちゃんには安心です。

 

一見、赤ちゃんへは栄養が多い硬水の方がミルクには適しているように聞こえますが、日本で売られている粉ミルクは軟水で作られること前提で成分を調整しています。

参考:ベビカム

 

硬水で作るとカルシウムやマグネシウムの過剰摂取になり、赤ちゃんへの体の負担が大きくなってしまうので下痢の原因になります。同様にミネラルウォーターはミネラル成分(ナトリウムやカルシウム、マグネシウム等)が付加されているものが多いので、買われる時は成分表示をしっかり見て購入してください。

 

軟水が利用できるウォーターサーバーの一覧と口コミ