赤ちゃんのミルク用の水はRO水で大丈夫?

赤ちゃんのミルク用の水はRO水と天然水、どっちが良いの?

ウォーターサーバーの水を選ぶ際、RO水と天然水どちらにしようか迷ってしまうという方が多いのですが、赤ちゃんの身体にとって害となる水は硬水や不純物の多い水、薬剤処理されている水などとなります。

 

RO水や天然水の場合、軟水であれば不純物の問題や薬剤処理の問題などはクリアされていますので、どちらを使っても大差はないと考えて良いでしょう。

 

そもそもRO水ってなに!?

RO水とは、採取した水にRO膜処理といって逆浸透膜(RO膜)というフィルターを通すことで水に含まれる不純物やミネラルなどを全て抜いた純水(ピュアウォーター)で

 

人工的に成分を調整配合した所謂、養殖ものの水のことをいいます。

 

「養殖」という言葉を聞くと何だかあまり良くないような天然水に劣るようなイメージを持たれがちですが、不純物はもちろん、ミネラルをも抜いて作られていますので、

 

赤ちゃんの身体にとって負担となるものがなく安心して使える水だと言えるでしょう。

赤ちゃんのミルクに使う水はRO水が安全

前述した通り、赤ちゃんのミルクの調乳に使う水は、天然水であってもRO水であっても軟水であれば特に問題はありません。

 

RO水の場合、不純物だけでなくミネラルも除去していますが、天然水の場合、水の種類によってミネラル分も含まれますし、

 

天然水の中でも「バナジウム」や「アルカリイオン水」という種類の水は赤ちゃんにとって安全性が確認されていない水となりますので与えない方が良いでしょう。

 

そのため、全ての天然水が該当する訳ではありませんが、一部の天然水は、赤ちゃんにとって良くないものもありますので注意が必要です。

 

安全性を考えるなら、見落としや選び間違いなどのリスクを考えるとRO水の方がより安全と考えても良いでしょう。

 

但し、天然水が悪いという訳ではありませんし、赤ちゃんにとって良い天然水も沢山ありますので、使用する前に軟水であるか?バナジウムやアルカリイオン水ではないか?をしっかりとチェックしていれば安全だと言えます。

RO水が赤ちゃんに良い理由ってなに!?

赤ちゃんのミルクや水分補給に水を使う際、RO水が良いという話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

 

RO水という名称に聞き覚えがなくても、純水やピュアウォーターと聞くと「赤ちゃんに良い水」というイメージを持たれている方は多いですね。

 

では何故、RO水が赤ちゃんに良いと言われているのか?それは、水に含まれる不純物はもちろん、ミネラル分も全て除去されているからです。

 

赤ちゃんの内臓はデリケート

産まれたばかりの赤ちゃんの内臓は、とてもデリケートでミネラルを摂り過ぎてしまうと腎臓などの内臓に負担を掛けてしまうため、良くないと言われているのです。

 

水に含まれるミネラルというのは、水の種類によって異なり、一般的に硬水と呼ばれる水はミネラル分が高い水となります。

 

そのため、赤ちゃんのデリケートな内臓に負担をかけないためにも赤ちゃんのミルクや水分補給に使う水は軟水を選ぶことが重要となるのです。

RO水と水道水、何が違うの!?

RO水と水道水、何が違うの?

RO水の原水は、水道水を利用しています。

 

となると、水道水でも問題ないの?そもそも水道水は煮沸が必要なのにRO水はそのまま与えて大丈夫なの?と疑問が出てきますよね。

 

RO水はあくまでも原水が水道水であるだけで、水道水そのものとは全く違います。

 

では何が違うのか?

 

RO水は、RO膜処理により不純物やミネラル分を取り除いた水となります。

 

要は、水道水に含まれる不純物やミネラル分を取り除いた水ということになりますので、煮沸する必要がないのです。

 

つまり、原水は水道水であっても安全面を考えると水道水と比べ圧倒的にRO水の方が安全だということが分かります。

 

赤ちゃんのミルクは水道水でも大丈夫?

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルク、RO水が良い理由

ウォーターサーバーの水を選ぶ際、RO水の方が赤ちゃんのミルクの調乳に適しているというような話を耳にすることも多いですね。

 

赤ちゃんのミルクの水は天然水でも良いと言われていますが、何故、RO水の方が適しているような言われ方をされているのでしょう?

 

その答えは、RO水の特徴が大きく関係しています。

 

RO水の原水は、水道水とはいえ、水に含まれる不純物を始め赤ちゃんの内臓に負担を掛けることが分かっているミネラル分も除去されています。

 

もちろん、ミネラルが含有されている水でもミネラル分が少ない軟水であれば赤ちゃんにとってそれほどリスクを考える必要はありません。

 

しかし、それでも少ない方が・・・と考えるのが子を想う親心。

 

RO水のように、不純物だけでなくミネラル分も取り除かれている方がより赤ちゃんにとって安全が高いため、赤ちゃんのいるご家庭ではウォーターサーバーの水をRO水にされる方が多いという訳です。

RO水はペットボトルでも販売されている!?

RO水というと、ウォーターサーバーの水の種類という印象が高くペットボトルで販売されていないのか?という疑問を持たれている方も多いですね。

 

結論からいうと、販売されています。

 

RO水は、他にも「純水」や「ピュアウォーター」と呼ばれている水で、ペットボトルで販売されているもののほとんどが、「RO水」という名称ではなく「純水」や「ピュアウォーター」という名称で販売されています。

 

そのため、ペットボトルタイプのRO水を購入したいという場合には「純水」や「ピュアウォーター」と書かれた水を購入されると良いでしょう。

赤ちゃん用の水も純水、ピュアウォーター

ドラッグストアやインターネット通販などでは、赤ちゃん用の水が販売されていますね。

 

煮沸の必要もなく、ミルクの調乳や赤ちゃんの水分補給にもそのまま与えることができるため、ママとしては重宝する水ですが・・・

 

パッケージを見てみると赤ちゃん用の水には「純水」や「ピュアウォーター」と書かれています。赤ちゃん用の水として、RO水が使われているということは・・・それだけ赤ちゃんにとってRO水は安全性が高いということを意味しているといっても過言ではないでしょう。

 

口コミ

 

当サイトで調査したウォーターサーバーのうち純水(RO水)のものを集めました。この中でも、ベビープランがあるものは、割引サービスやプレゼントがあるのでおすすめです。


 

メーカー名

(ベビープラン名)

ボトル料金 1Lあたりの価格

アクアクララ

(ベビアクア)

12L

1,200円

100円

クリクラ

(クリクラママ)

12L

1,250円

104円
アルピナ

12L

1,050円

88円

RO水はお財布にも優しい点がママとしては嬉しいポイント

赤ちゃんにとってより安全性が高い水であるRO水ですが、もう一つのRO水の利点として挙げられるのがその価格です。

 

ウォーターサーバーの水で比較してみると・・・

 

天然水 130〜160円/1Lあたり

RO水 80〜100円/1Lあたり

 

天然水と比べ圧倒的にコストパフォーマンスが良いのが分かります。赤ちゃんだけならそんなに飲まない・・・と考えるママも多いと思いますが、実際にウォーターサーバーを導入すると、家族で使うようになることが多い上、産まれたばかりの赤ちゃんなら飲む量も限られていますが、成長と共に水分量は増えていきます。

 

更に離乳食が始まると、食材の煮炊きにも使うようになるので、安全性だけでなくコスト面も重要となってきます。RO水は、安全性だけでなく、コスト面でもクリアできていますのでママとしては安心して使える水だといえるでしょう。