赤ちゃんのミルク用の水は天然水でも良いの?

赤ちゃんのミルク用の水は天然水でも良いの?

赤ちゃんのミルクを調乳する際に当たり前のように使う水ですが、この水って本当に安全なのか?気になるとそのまま使うのが怖く感じますよね。

 

今まで水道水を煮沸して使っていたけれど、やはりもっと安全性の高い水を使った方が良いのではないか?気になるところです。

 

そんな時に気になるのが天然水の存在。

 

鮮度が良い、綺麗な水というイメージを持たれやすい天然水ですが、赤ちゃんのミルク用に使用するのは良いのでしょうか?

 

結論から言うと、大丈夫です。

 

但し、注意したいこともありますので、注意点を含め、赤ちゃんと天然水について詳しく見ていきましょう。

 

そもそも天然水ってなに!?ミネラルウォーターとの違いは!?

天然水とは、「ナチュラルミネラルウォーター」とも呼ばれており、沈殿やろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的な処理をミネラル分が多く含まれており飲むことのできる水のことをいいます。

 

対して、ミネラルウォーターは天然水に含まれるミネラル分を抽出して入れたり、原水を混ぜ合わせて作る、人工的に作られた水のことをいいます。

 

ここで気になるのが天然水に含まれるミネラル分。赤ちゃんには、ミネラルウォーターは良くないという話をよく聞きますが、天然水に含まれるミネラル分は問題ないのでしょうか?

赤ちゃんのミルクや水分補給に天然水を使う際の注意点

赤ちゃんにミネラルウォーターが良くないというのは、硬水に限った話です。硬水とは、水に含まれるミネラル分の量が多いものをいい、WHOの定義では以下のようになっています。

硬度120mg/L未満 軟水

硬度120mg/L以上 硬水

つまり、全てのミネラルウォーターが赤ちゃんに悪いという訳ではなく、硬水が良くないだけでミネラルウォーターでも硬度の低い軟水では問題ありません

 

これは、天然水にも同じことがいえます。

 

天然水やミネラルウォーターを購入する際、パッケージを見ると硬度が記載されていますので、赤ちゃんのミルクに使う水を選ぶ際は天然水、ミネラルウォーター、何れにしろ硬度120mg/L以下の軟水を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんのミルクに使う天然水、本当に安全なの?

赤ちゃんのミルクに使う天然水、本当に安全なの?

天然水は、沈殿やろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的な処理を行わなくても飲用できる水です。

 

では他の水はどうなのでしょう?

 

ミネラルウォーターの場合、紫外線やオゾンによる殺菌、除菌などの処理が行われています。水道水に関しては、沈殿やろ過以外にも消毒剤を用いて殺菌します。

 

こうして見ると、天然水の処理が一番シンプルですよね。

 

本当にこれで安全なのか?大人であれば問題なくても赤ちゃんに負担となってしまうのではないか?と不安になってしまいます。

 

しかし、安心して下さいね。

 

天然水の場合、そもそも原水が綺麗なのでミネラルウォーターや水道水よりもシンプルな殺菌方法だけで飲用として使うことができるのです。

 

強力な殺菌処理を行っているから「安全」という訳ではなく、シンプルな殺菌で充分に「安全」を保てるということですね。

赤ちゃんのミルクに使う天然水、煮沸は必要?

では、赤ちゃんのミルクを天然水で作る場合、煮沸する必要はあるのでしょうか?

 

特に、外出先などで調乳する際やミルク以外にも水分補給で水を与えたい場合、ペットボトルから直接使っても大丈夫なのか?気になりますね。

 

結論から言うと、特に問題はありません

 

天然水として売られている商品の中にはパッケージに「赤ちゃんの調乳にもそのまま使える」という旨が書かれているものもありますし、メーカーサイトにも書かれている商品もあります。

 

そもそも赤ちゃんに与える水を煮沸する理由は、水道水を殺菌する際に使われる塩素やカルキが赤ちゃんの胃腸ふ負担となる可能性があるため、煮沸することで除去を目的としています。

 

一部の小児科医や水道関係者の中には、日本において水道水に含まれる塩素やカルキの含有量は微量となるため、赤ちゃんに負担を掛けることはないという意見もあるのですが、念のため・・・ということですね。

 

天然水の場合、水道水のように塩素やカルキで殺菌されていませんので除去するものがないため、煮沸は必要ないのです。それでも気になるという場合には、煮沸しても全く問題ありませんが、煮沸しなくても充分に飲むことが可能となります。

ウォーターサーバーに使われている水は天然水なの?

赤ちゃんのいるご家庭においてウォーターサーバーを利用している、もしくは検討されているケースはとても多いようです。

 

ウォーターサーバーに使われている水の種類は天然水なのでしょうか?

商品によって異なるため、一概には言えませんが、天然水が多く使われています。ウォーターサーバーを選ぶ際、どのような水が使われているのか確認して選びましょう。

 

また、複数の天然水を取り揃えているメーカーも多く、原水地を始め水の硬度についても詳しく紹介されていますので、天然水の種類や硬度についても契約前にチェックし、赤ちゃんにとってより安全性の高い水を選びましょう。

 

管理人

 

当サイトで調査したウォーターサーバーのうち天然水のものを集めました。この中でも、ベビープランがあるものは、割引サービスやプレゼントがあるのでおすすめです。


 

メーカー名
(ベビープラン名)

ボトル料金 1Lあたりの価格

プレミアムウォーター
(マムクラブ)

12L
1,520円

126円

フレシャス
(ママパパプラン)

7.2L
1,155円
9.3L
1,506円

160円

 

162円

コスモウォーター

12L
1,400円

158円
クリクラミオ

8L
1,400円

176円

 

ベビープランについての詳しい情報はこちら>>

赤ちゃん用の水を使うのもおすすめ

赤ちゃんのミルクを作る際、天然水をそのまま使って作ることができますので、自宅での調乳はもちろん、外出先での調乳にも便利ですね。

 

しかし、基本的に安全性は高いとはいえやはり心配という場合は、赤ちゃん用の水を使うことをおすすめします。

 

赤ちゃん用の水は、純水、ピュアウォーターなどと呼ばれる水でミネラル分が完全に取り除かれていますので、赤ちゃんにとってより安全な水となります。

 

天然水は、コンビニなどでも手軽に購入することができますが、赤ちゃん用の水はベビー用品のお店やドラッグストア、インターネット通販などで購入することができます。

 

天然水と比べると手軽さは下がりますが、混合や完全ミルク、離乳食が始まり水分補給が必要となる赤ちゃんのいるご家庭では、ストックしておくと便利ですのでおすすめです。

 

赤ちゃんのミルク用の水はRO水でも良い?

赤ちゃんのミルクは水道水でも大丈夫?