マンション貸したい場合には誰に相談するのが良いか

マンションなどの物件を第三者に貸す場合には賃貸契約が必要

マンション貸したい場合には誰に相談するかマンションなどの物件を第三者に貸す場合には賃貸契約が必要予備知識を持っておくことが非常に重要

一般的にマンションなどの物件を第三者に貸す場合には賃貸契約が必要となりますが、その仲介を不動産会社に依頼することが多く、その際に事前にその会社との契約を結ばなければ効率的に良い貸主を探してもらえないと言うことになります。
その契約方法には大きく分けて2種類があり、その2種類の違いをよく理解してどちらを選ぶかを十分に考慮することが必要だと言う点です。
媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約があり、一般の場合にはその不動産会社が借主を見つけてきた場合に仲介手数料が発生するという仕組みとなっていますが、専任の場合には誰が借主を見つけても必ずその不動産会社が仲介を行うことになると言うルールがあり、したがって必ずその会社に仲介手数料が入ると言う仕組みになります。
これは自分自身が見つけた場合でもその不動産会社を通して契約を行わなければならないため、この形が最も不動産会社が利益を得やすいものとなっているのです。
これだけなら自分が積極的に借主を探す手間が省け、また自らに手数料収入を得ることができるため不動産会社が積極的に借主を探そうとしてくれることになりますが、中には悪質な会社もあり、そのような会社の場合にはあえて賃貸がうまく進まないような金額を家賃に設定し、借主が見つからないようにして最終的にはその物件を自社で買い上げると言う方向に持っていこうとするケースもあるため注意をしなければならないと言うアドバイスももらいました。
専任媒介契約の場合には他の不動産会社が仮に私を見つけても自社の利益にはならないため、他の不動産会社がそのような活動を積極的に行うとは思えません。
そのため、専任媒介契約を結んだ会社だけの独善的な活動となり、その会社の考え方次第でなかなか借主が見つからないと言うこともあります。
また自分自身で見つけてもその会社に仲介手数料が入ることになることから、自分自身でも積極的に借主を見つける事は元は行わないものです。
これにより、契約を結んだ不動産会社の考えにより利用されてしまうと言うリスクも考慮しなければいけないと言う話がありました。