赤ちゃんプランのウォーターサーバーでは電気代はどのくらいかかるの?

口コミを見ていると、「ウォーターサーバーは電気代が高い」というコメントがあります。そもそも電気代ってどれくらいかかるのでしょうか?ここでは、赤ちゃんがいる方におすすめしているベビープランで利用できるサーバーの電気代を調査しました。

 

ママ

 

ベビープランは妊婦さんから◯歳までの間、お水が安くなったり、プレゼントがもらえたりするお得なサービスです。

 

赤ちゃんのミルクを作るためにウォーターサーバーを使いたいという方には、ベビープランがあるものをおすすめしています。


 

それぞれのサーバーの1ヶ月&1年間の料金の目安も記載していますが、こちらはあくまで目安です。赤ちゃんのミルクと大人の飲み水としての利用を基本とした料金です。夏場はお水を多く飲んだり、冬場は逆に飲まなくなったりと誤差は生じます。

 

料理などにもウォーターサーバーの水を使いたい方は、目安の水量を倍にして計算される事をおすすめします。

 

天然水でベビープランがあるサーバー

 

ママ

 

フレシャスのサーバーが電気代はダントツ安い!

 

天然水のサーバーは「エコモード」がついたものが多いため、電気代は安いですね。しかし、天然水のサーバーは、内部を除菌するオートクリーン機能などがついており、温水で除菌をするようなシステムになります。そのため、目安以上に電気代がかかる場合もあります。


 

フレシャス【ママパパクラブ】ベビープランのサーバーは2種類

 

フレシャス

サーバー名:Frecios dewo(デュオ)
1ヶ月の電気代の目安:330円〜

 

カラー:5色
機能:温水、冷水、エコモード
チャイルドロック:あり(サーバー上部のボタン)
サーバーレンタル費用:500円
※前月にお水を2箱利用された方はサーバーレンタル料金無料。

 

電気代の1ヶ月の目安を調査した結果、こちらのサーバーが最も電気代が安い事がわかりました。光センサーで電気代をカットするスリープ機能搭載で電気代は従来の70%カット。水は7.2Lのウォーターパックのタイプが利用できるので、女性に使い勝手がよいサーバーです。

 

Frecios dewo(デュオ)の1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開

 

 

 

スラット

サーバー名:Frecios Slat(スラット)
1ヶ月の電気代の目安:380円〜

 

カラー:ブラック、ホワイト
機能:温水、冷水、エコモード、リヒートモード
チャイルドロック:あり(サーバー上部のボタン)
サーバーレンタル費用:900円
※前月にお水を2箱利用された方はサーバーレンタル料金無料。

 

デュオと同じようにスリープ機能がついたサーバーです。9.3Lのボトルタイプ対応サーバーで、水の交換が足元にあるタイプです。デュオにはないリヒートモード(再加熱)がついています。レンタル料金がデュオより増えますが、機能的なサーバーを使いたい方におすすめです。

 

Frecios Slat(スラット)の1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開

 

「ママパパクラブ」の口コミや詳細はこちら>>

プレミアムウォーター【マムクラブ】ベビープランのサーバーは1種類のみ

 

下置きタイプ

サーバー名:cado × PREMIUM WATER
1ヶ月の電気代の目安:620円〜

 

カラー:ホワイト、ブラック、ボルドー
機能:温水、冷水、弱冷水、再加熱、エコモード
チャイルドロック:あり(背面)
サーバーレンタル費用:800円

 

部屋が暗くなると光センサーが感知して、温水タンクの電源がオフになるエコモードがついています。しかも、他のサーバーにはない、「弱冷水」「再加熱」などもついているので、ベビープランで選べるサーバーの中では、最も機能的なサーバーだと言えます。おしゃれで機能的なサーバーを探している方におすすめです。

 

cado × PREMIUM WATERの1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開

 

「マムクラブ」の口コミや詳細はこちら>>

RO水でベビープランがあるサーバー

 

ママ

 

アクアクララなら「アクアアドバンス」が電気代はダントツ安い!

 

電気ポットでお湯を沸かして保温しておくと、1ヶ月でかかる電気代は約900円程度なので、RO水のサーバーでは同じくらいですね。


 

クリクラ【クリクラママ】ベビープランのサーバーは1種類

 

クリクラママ

サーバー名:クリクラサーバー(L)(S)
1ヶ月の電気代の目安:(L)1,283円〜/(S)1,140円〜

 

カラー:ホワイト
機能:温水、冷水
チャイルドロック:温水のみ(冷水は希望に応じて対応)
安心サポート料:417円

 

スタンダードな形のサーバーです。入会金、解約金も無料で、ベビープランではお試しでの利用もできます。電気代は他のサーバーよりかかりますが、RO水は水代が安いというメリットが。電気代はともかく、毎月かかる水のコストを下げたいという方にはおすすめです。

 

クリクラには省エネサーバーもありますが、「クリクラママ」のプランでは選択することができません。省エネサーバーが利用したい方は、ベビープランの期間終了後に変更することをおすすめします。

 

クリクラサーバー(L)の1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開します

 

「クリクラママ」の口コミや詳細はこちら>>

アクアクララ【ベビアクア】ベビープランのサーバーは3種類

 

ベビアクア

サーバー名:アクアアドバンス
1ヶ月の電気代の目安:350円〜

 

カラー:8色
機能:温水、冷水、再加熱、エコモード
チャイルドロック:あり
あんしんサポート料:1,500円(税抜)

 

使用しない時間の温水温度を低下させる機能が搭載されているので、年間の電気代が最大で7,000円節約できます。抗菌素材と『UV除菌ランプ』で電気代をあまりかけずに水の衛生状態をたもつ事ができます。アクアクララの中で、電気代を節約したいという方に最もおすすめです。

 

アクアアドバンスの1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開します

 

 

 

ベビアクア

サーバー名:アクアファブ
1ヶ月の電気代の目安:800円〜

 

カラー:ホワイト、ブラック
機能:温水、冷水
チャイルドロック:あり
あんしんサポート料:1,300円(税抜)

 

2年間の利用が前提という制限がある、アクアクララの最新機種になります。ガロンタイプにはあまりなかった着脱式のボトルカバーがついていて、オシャレなデザインが特徴です。

 

アクアファブの1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開します

 

 

 

ベビアクア

サーバー名:アクアスリム/アクアスリムS
1ヶ月の電気代の目安:700円〜/1,000円〜

 

カラー:ホワイト、ピンクゴールド
機能:温水、冷水
チャイルドロック:温水のみ
あんしんサポート料:1,000円(税抜)

 

最低限の機能がついたスタンダードなサーバーです。どちらも「あんしんサポート料」は同じですが、卓上サーバーの方が電気代は少し高めです。「ベビアクア」は水代も安く、サービスも利用価値があるので、どこを重要視するかで決めましょう。

 

アクアスリムの1ヶ月&1年間の料金の目安はこちら

▼ クリックで展開します

 

「ベビアクア」の口コミや詳細はこちら>>

ウォーターサーバーの節電のポイント

  1. 温度差があまりない部屋に設置する
  2. サーバーの背面のほこりを掃除する
  3. サーバーを壁から離して熱がこもらないようにする

 

ウォーターサーバーは使い方次第で電気代が上がってしまいます。だからといって電源をこまめに消すというのはやめてください。水がある状態で電源を抜いたり、温水スイッチを切ったりすると雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

こまめな掃除はもちろんどのサーバーでもした方がいいのですが、電気代が心配な方はエコモードがあるサーバーや、省エネサーバーを使うとよいでしょう。

まとめ

 

お水代やサーバーレンタル費、メンテナンス代とは違い、電気代はあまり目に見えないのでつい忘れてしまいがちです。しかし、月1,000円電気代でかかるものと、月500円のものとでは大きな差になり、家計にも負担になってしまいます。

 

正直、ベビープランの場合、サーバーが選べないので限られた中での選択になります。そして、省エネやエコでも他の部分の料金が高い場合もあるので、月々の料金のバランスを見て、総合的に判断することをおすすめします。